« ATP賞 総務大臣賞を受賞 | メイン | 菅原文太さんとカタツムリ   「クニ子おばば」再放送 »

「千年の一滴」制作秘話 #004


今回のテーマは、2つの予告編。
日本版とヨーロッパ版の「本編」は同じだが、「予告編」は違う。


日本用の予告編は、僕が編集した。↓



こちらはフランス人チームが作った、ヨーロッパ用の予告編。↓




フランス人プロデューサーのLucは、
力強い打楽器の音を使いたがった。

  「ヨーロッパにはない、日本から来た映像。
   自然に対する叡智を伝える、モダンな映像ということを
   強調したい」




皆さんはどっちが好き?




配給担当のドイツ人、ドリスは
  「この音は、アフリカのタムタムみたいで疑問だ」
と言っていたし、僕も「どうかなぁ?」と思ったけれど。。。




About

2014年11月30日 01:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ATP賞 総務大臣賞を受賞」です。

次の投稿は「菅原文太さんとカタツムリ   「クニ子おばば」再放送」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。