« 新作『千年の一滴 だし しょうゆ』 公式サイト開設 | メイン | 民族文化映像研究所のDNA »

独立への足音


久しぶりの東京での『ひめゆり』の上映会。
この映画を仕上げていた2006年、
現首相らのグループは「沖縄に軍命による住民の自決はなかった」と主張していた。
今は慰安婦をめぐり不都合と彼らが考える事実を消そうとしている。
日本人ってもっと謙虚で自らの非を認められるのが美徳だったはずなのに。


沖縄の人たちの現政権への怒り、
ひいてはその政権を認めている日本国民への怒りを強く感じる。


辺野古を力ずくで解決しようとしたら、
沖縄の人たちは確実に「独立」に向け歩み始めるだろう。
いや、その歩みはすでに始まっている。

杉並上映会「ひめゆり」.jpg

About

2014年11月20日 13:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新作『千年の一滴 だし しょうゆ』 公式サイト開設」です。

次の投稿は「民族文化映像研究所のDNA」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。