« 祇園の主人 加藤宏幸さんのこと | メイン | ポレポレ初日 »

中国少数民族・彝族のリジャラ君


エイシアには、今年9月末から
中国の少数民族・彝族の若者が暮らしています。
リジャラ君、23歳。
昨年1月に四川省の山奥、標高3000mの村で初めて出会い、
僕が彼にすっかり惚れ込み、
留学の身元引き受けをし、
僕の仕事部屋を彼の生活のために明け渡し、
使ってもらっています。


映画宣伝スタッフの苦労を見て、
リジャラ君がお総菜を買ってきてご馳走してくれました。
写真左より、リジャラ、澤口さん、寺尾君。


リジャラ.jpg

About

2014年12月31日 01:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「祇園の主人 加藤宏幸さんのこと」です。

次の投稿は「ポレポレ初日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。