« 菅原文太さんとカタツムリ   「クニ子おばば」再放送 | メイン | 鰹節問屋 秋山商店で »

菅原文太さんの蒔いた種

泣ける‼
1ヶ月前の文太さんの沖縄での演説。
短いけど、大事なことが凝縮されている。



文太さんにずっと付き添っていらした妻の文子さんが
報道各社に送ったというFAXから。
心に沁みる。



「7年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち『朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり』の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

 『落花は枝に還らず』と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。1つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう1粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の1人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。

 恩義ある方々に、何も別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます」。

About

2014年12月 1日 18:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「菅原文太さんとカタツムリ   「クニ子おばば」再放送」です。

次の投稿は「鰹節問屋 秋山商店で」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。