« 【次週末のゲスト紹介 2】 at ポレポレ東中野 | メイン | 「千年の一滴」 映画評06 »

「千年の一滴」 キネマ旬報ベストテン2位に


「千年の一滴」キネマ旬報ベストテン2位を受賞した。


1位の「鳥の道を越えて」の今井友樹監督は、民族文化映像研究所(通称「民映研」)の後輩で、これもとても嬉しい。僕も今井君も、日本各地の農山村・漁村の人びとの営みを丹念に記録する活動をつづけてきた故・姫田忠義監督の弟子で、先日亡くなった小泉修吉さんがその事務局長だった。
大事な先輩方を相ついで亡くし、時代の曲がり角でもある今、こうして二人で受賞できたことはありがたく思うが、ここで「終わり」にならないようにしたいと強く思っている。

http://www.kinenote.com/.../kinejun_b.../2014/award/culture.aspx

About

2015年1月 9日 12:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【次週末のゲスト紹介 2】 at ポレポレ東中野」です。

次の投稿は「「千年の一滴」 映画評06」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。